【うんちく】船の操舵室をブリッジと呼ぶ理由

航海士
スポンサーリンク

船の操舵室が、「ブリッジ」と呼ばれていることを不思議に思ったことありますか?

今回は操舵室がブリッジと呼ばれる理由を紹介します。

ブリッジの由来

船の操舵室は、「ブリッジ」と呼ばれます。

日本語では「船橋」と訳されます。

ブリッジは19世紀の外輪汽船から生まれた言葉です。

外輪船は、写真のような船です。黒船みたいな船をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。

この外輪船の外輪カバーの間に、橋状のデッキが渡されていました。

そこは、船全体が見渡せるなど見通しが良いことから、そこで操船をするようになったようです。

その後、現代のようなスクリュー船になって操舵室は、船の最上部に作られ、橋状の形ではなくなりました。

しかし、「ブリッジ」という名称が残り、それが今も使われています。

写真の船は、外輪に渡したブリッジで操船してなさそうです。黒船などは、外輪がもっと大きいので見通しが良かったようです。

終わりに

今回は船のちょっとしたうんちくみたいな話でした。

ちょっと短い記事ですが今回はこのくらいで終わりたいと思います。

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました