日本の船に「丸」がつくのはなぜ?

航海士
スポンサーリンク

船の名前って聴くと「〜丸」をイメージする人が多いと思います。

実際に日本の船には、「丸」が多く付きます。

なぜ「丸」がつく船が多いのか気になりませんか?

今回はそんな「丸」がつく船が多い理由や由来について解説します。

「丸」の由来

日本で初めて「丸」をつけたとされる船は、「坂東丸」です。

この船は平安時代末期の紀伊国の船です。

「丸」の明確な由来は判明していません。

今回はいくつか説を取り上げたいと思います。

大切なものや、広く愛されるもの(刀など)に人の名前に準じて「丸」をつけていた。

中国の黄帝のとき、天から舞い降りて船を作ることを教えた自童丸の「丸」をとった。

船を城に見たてて、城郭の曲輪を「丸」と呼ぶことから船にもつけた。

封建時代の屋号の「丸」が転用された。

 

などなど

他にもいろんな説があります。

丸をつけた船が多い理由

ここまで「丸」の由来を見てきましたが、これだけでは「丸」がつけられた船が多い理由にはなりません。

では、なぜ多いのかその理由は明治時代に制定された法律?訓令?が関わってきます。

1900年(明治33年)に制定された「船舶法取扱手続」に、次のように書いてあります。

「船舶ノ名称ニハ成ルベク其ノ末尾ニ丸ノ字ヲ附セムベシ」

(船の名前は成るべく最後を丸にすること)

このように「丸」をつけることを推奨していました。

これが制定されてから「〜丸」は増大したそうです。

この法律は2001年の訓令改正で削除されたそうです。

まさかそういった条文があったとは思いませんでした。

しかもまあまあ最近までその条項があったことにも驚きです。

まあ、推奨していただけなので特に問題も起きなかったんでしょうけど。

終わりに

「丸」について解説してきました。

日本の船名の「丸」は、海外でも認識されているそうで、マル・シップと呼ばれているそうです。

これを書いてるときに、思いついたのですが日本でもかなりメジャーな「飛鳥Ⅱ」や「さんふらわあ」などは「丸」がついてないんですよね。

なので、今後は「丸」のつかない船もどんどん増えて行くかも?

なんて思ってます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました